■PEKE(ニシナミユキ

1993年上京、メザーハウス(ボーカル科)に入学。
メザーハウス、小柴大造の紹介で、
佐野元春 のバックバンド「ハートランド」小野田清文(ベース)の下で
音楽の勉強をしていた。
その頃、VOICE・武田鉄矢・時任三郎等のバックバンドを勤めていた
首藤(ギター)、プロデューサーの川越(ドラム)、吉俣(キーボード、
NHK・CM等の音楽プロデューサー)と知り合う。
そして自らのバンドを結成。当時「BEAT CLUB」
(サザンオールスターズの松田が設立した事務所)に
所属していた川越にCD・ライブを聞いてもらい、


2002年4月4日にミニアルバム「P」を発売。
その年の9月には早くも2000枚を売り上げた。
その後追加発売し3000枚を突破。


2003年10月15日、「Doku Ringo」を製作するにあたり、
首藤・小野田・吉俣・川越にバックバンドを依頼。
累計2000枚以上を売り上げる。


2005年、中村敦(元KATZE)プロデュースとしてのCDを製作。
そして、出来上がった CD『呪文』これを片手に
愚息(中村敦(元KATZE)尾上サトシ(元KATZE))
と供に 全国行脚をし 最終的には累計2000枚を売り上げる。


2006年頃まで山口県周南FMやエフエムくらしきで
「トンネル39個」という番組のパーソナリティーを務める。


2010年、2002年にミニアルバム「P」発売にあたり、
PEKE(ペケ)からニシナミユキに改名したが、再び、PEKE(ペケ)に戻し、
今まで制作したCD「P」「Doku Ringo」『呪文』を 全て手売りで 完売し
新たなスタートとして、自らをプロデュースすべく、
音楽事務所 SOUND APARTMENTを立ち上げ
同時に 新たなCD製作に取り掛かる。


2011年、その歳のスタートとして、1月1日(元日)
『私は知っています』をリリースする。
(今までに無いスタイル(ピアノバージョン)で、
大人の応援歌的な歌詞を 独特なあの声で熱唱する姿は
ファンを魅了して止まない。


2012年、ライブ活動休止。
現在、ボーカルトレーナーを中心にイベント等で活動中。

blog